2008年7月12日 (土)

泣けた!(T_T)

夜、BS hiで横浜、巨人戦をやっていたので、なんとなくみていました。

 2回には、谷のホームランが出て巨人が先制、4回には坂本、寺内の若い力が連打でチャンスを作り、グライシンガーの見事なスクイズで先ず1点、高橋由伸の左中間2塁打で寺内がかえり1点、さらに岩舘の右中間2塁打で高橋が帰って1点、この回3点。

 グライシンガーは、立ち上がり悪かったものの、3回以降立ち直り、7回を無失点に抑え、8回に上原が内川にHRを打たれて1点を失ったものの、9回はクルーンが3人で締めて4-1でゲームセットでした。

 泣けたのは、そのあと、お立ち台に立った岩舘選手のインタビューを聞いた時です。この日の岩舘は、タイムリーを含む、2塁打2本を打っていました。初めて東京ドームのお立ち台に上った感想を聞かれて、「プロに入ってこの場に立つことが目標だったので非常にうれしいです。」と感極まって目を潤ませているのを見て、思わずもらい泣きをしてしまいました。^^

 彼は、息子と同い年で成田シニアのエースで四番として活躍していた頃から知っているだけに、日頃から注目して応援していました。

 成田シニアから成田高校、東洋大と大活躍して、巨人軍に入団していただけに、5年目の今年は期するものがあると思います。

 今日、二岡が復帰していたら、また出番が遠のくかな~と心配していたのですが、あの事件で、巨人ファンとしては複雑な心境ですが、岩舘にとってはチャンスだと思うのでこの機会に活躍して欲しいと思います。

 息子は、シニア時代に岩舘とは何回か対戦しており、4打席ほど連続でヒットを打っていましたが、打たれていることを知った彼に連続で三振を食らい、その後、打たせてもらえなかったと笑って言っていました。7番とか8番を打っていた息子に対して力を抜いていたのでしょう。

 彼は、シニアの頃からピッチャーとしても打者としても素晴らしい選手でした。高校3年の秋のドラフトの時期には、新聞で、闘志が表に出るプロ向きの選手として紹介されていたのを覚えています。

 今後、ますます活躍して、巨人軍の中心選手になって欲しいものです。baseball happy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

プロ野球観戦

 マリンスタジアムに野球観戦に行って来ました。会社が購入したチケットの抽選に当選して、いただいたものです。天気も良く、ポカポカで最高の野球観戦日和でしたよ。

 ホークス戦ということもあるのでしょうか、土曜日のパリーグの試合でこれほどの観衆が集まるとは思っていなかったのでビックリしました。ロッテはゲームの盛り上げやイベントなどの企画が上手ですね。

 Marine001 Marine0021

*

*

 試合は、成瀬-大場の両先発で始まりました。16三振という球団記録を作った大場の写真を撮ってませんでした。残念^^

Marine002 Marine003

*

*

*

 ロッテのイメージキャラクター「マーくん」「リンちゃん」も元気に応援です。「COOL」は春の交通安全運動の広報で来ていた白バイに乗って一日警察官になってました。

Marine004 Marine005

*

*

*

 試合は、大場の快投(7回に大松のクリーンヒットがでるまで西岡とオーティスの2本の内野安打だけの無四球4安打完封)と松中の全打点を挙げる活躍でソフトバンクの完勝でした。

 ロッテは、8回にサブローに2塁打が出たものの大場に散発の4安打完封に押さえ込まれての完敗です。成瀬は3四死球で7安打を打たれたものの3失点でしたので、勝てなかったのは大場を打てなかった打線の責任でしょうね。

 あと、印象に残ったのが、川崎と柴原のユニフォーム姿です。ズボンをひざ下まであげてストッキング見せている最近あまり見ないスタイルだったからですが、僕はこの格好が好きですね。皆さんはどうでしょうか?僕の感覚は古いのかな~。

 Marine008Marine009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

T京リード

帝京リード

4回表まで4ー1でT京リード、3回に神宮第二に着いた時にAさん家の弟君の打席でした。ランナー2塁でしたがセンターフライ、しかし次打者の4番N村君が左中間を抜ける2塁打で1点取りました。

携帯だと512バイトまでしか、書き込めないのでここからは自宅で書き込んでます。

第二の狭い観客席ですが超満員で立ち見のファンがいたほどの盛況でした。2-0から3回を終った段階で2-1になり、接戦になるのかと思いましたが4回に2点を追加して4-1としてからはT京の一方的な試合展開となりました。

弟君の三遊間を抜けるタイムリーもあって、最終的には11-1の7回コールドでした。明日も頑張って、是非「選抜」の切符を手にして欲しいものです。

これで今年は、私が応援に行った試合は全て○です。ちょっと気分がいいです。(^o^)/~

フォトギャラリーに今日撮った写真をアップしておきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

残念!

 残念です。秋季千葉県高校野球大会において、B洋高校は準決勝で強豪N田高校に5-0で敗れてしまいました。今年こそ関東大会に進出して、春の甲子園大会に行けると期待していたんですが・・・。力は他の強豪高に引けをとりませんので、次回に期待したいと思います。

 今年は、夏休みにジャイアンツカップでS倉シニアを追いかけていたんですが、私が応援に行った試合は全て勝っていたんです。高校野球でも、応援に行った強豪T大K陵戦と予選で市F橋高校を破った千葉N大1高戦は快勝していただけに、今回は出張のため応援できなかったのが、返す返すも残念でたまりません。応援に行けていたら勝っていたかも、と思うと・・・うーん残念!!

 結果の組合せ「kumiawase.xls」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

ベスト4

 今日、秋季C葉県高校野球大会において、息子の母校がベスト4に輝いた。12-1で8回コールド勝ちだ。

 次は、30日に、やはり今日10-1で5回コールドで勝った、強豪N田高校と対戦する。我がB洋高校のエースと5番バッターはS倉シニア出身の息子の後輩だ。対するN田高校の4番バッターもやはりS倉シニア出身なので、ちょっと複雑な気分だが、ここは割り切ってB洋高校の応援に回りたい。

 ただ、来週は仕事の関係で球場には行けないのだ。う~んっ残念!!見たい・・・。

 ここまでの結果→「kumiawase.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果報告

 秋季C県高等学校野球大会において、B洋高校が強豪K陵高校に1-0で完封勝利しました。この日でベスト8が決まり、今日準々決勝が行われます。「kumiawase.xls」をダウンロード

 また、シニア秋季C葉ブロック大会決勝は、C葉市シニアが優勝し、I木ブロック優勝チームとの支部優勝決定戦に進出しました。「kumiawase_s.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

越境入学

 県を飛び越えた高校への入学が時々話題になる。

 私のところのシニアは多くはないが、時々あるようだ。私が知っている限りでは神奈川に行った子が数人、大阪が一人かな。皆、明確な意思を持って入学している。もちろん甲子園を狙いたいということもあるだろうし、六大学でやりたいので大学を意識しての高校進学もある。

 息子の時も、私の出身県である山形の高校への進学も、ちょっと考えないわけではなかった。千葉県内のシニアを見てみると、他県への進学は、当たり前のように行われているようである。私の考えでは、需要がある限り、そしてそれを積極的に受け入れる高校がある限り避けられないことであると考える。両親が、そして子供が納得して行くのであれば、当然の結果だろうし、私は支持したいと思う。

 ただ、今年の夏の甲子園で山形県初のベスト8進出を果たした日大山形高校は、投手の子は隣の宮城県出身だそうだが他は全員山形県出身だそうで、地元の人気は絶大だそうである。甲子園に出場経験のある羽黒高校とか、酒田南高校は遠くの府県から来ている子が多いということで、地元の大会では、目の敵にされていると言う。こういう地元の感情があることも解らないではない。

 他にも、青森の山田高校とか、光星学園などは遠くから選手を集めていることで知られているようだし、駒大苫小牧の田中投手も大阪地方(兵庫県?)の中学硬式野球チーム出身だったと思う。

 シニアやボーイズなどの中学野球でも力のある子は、強豪クラブに行って全国制覇を狙いたいと思うのは、自然なことだし、子供のためにと言う信念と、こういったことが出来る環境が整っていればバックアップしてもらいたい。こういうことがひいては、野球というスポーツが盛り上がり、松井やイチローのような選手がどんどん出てきて、今年の甲子園大会のような盛り上がりがあれば素晴らしいと思うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

東北の躍進

TDK(にかほ市)が都市対抗野球大会で優勝した。

 私は、隣の山形県飽海郡遊佐町の出身だから、この優勝は嬉しい限りである。

 前は、秋田県由利郡仁賀保町、象潟町、金浦町と言っていた地域が秋田県にかほ市となったらしい。私が酒田の高校に行っていた頃には、秋田から通ってくる同級生が数名いたし、姪っ子が由利町の農家に嫁いでいたりするので、県は違ってもなんだか身内のことのように嬉しいのである。

 この夏の甲子園では、青森山田高校、仙台育英高校のがんばりや特に日大山形高校の躍進には目を見張るものがあったし、東北勢の力が全国区になって来た事を実感として感じることが出来たばかりであったから、なおさらである。

 深紅の優勝旗が白河越えする前に一挙に津軽海峡を越えていただけに、白河越えも近いと思ったのは私だけではないだろう。山形を出て広島に四年その後千葉に三十数年在住しているが、甲子園の抽選会で東北の高校との対戦が決まった時、周囲の人間は、「これで一回戦は勝てる」などと侮られていたものだ。悔しいが、その度に反論できないでいる自分がいた。しかし、この夏は違ったのだ、日大山形が今治西高校に延長13回の末に逆転サヨナラ勝ちした時は、思わず熱いものが込み上げてくるのを抑えることが出来なかったものだ。

 これからは「東北勢の躍進」、そう東北の時代がやってくるにちがいない。

 千葉県の高校野球秋季大会では、息子の出身校であるT海大B洋高校がブロック予選を勝ち上がり、県大会に行くことになったし、シニアでは我がS倉シニアが千葉ブロック秋季大会でベスト8となり、10日の準々決勝でC葉北シニアに勝てば、関東大会の出場権を獲得できる所まできている。野球に関する楽しみは、増える一方である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)